石の種類

お墓に使われる石は大まかに分類して「花崗岩(かこうがん)」、「閃緑岩(せんりょくがん)」、「斑レイ岩(はんれいがん)」、「安山岩(あんざんがん)」 が挙げられ、中でも花崗岩は御影石といわれ最も多く使用されています。 因みに、御影石は兵庫県神戸市御影町で産出された花崗岩の事ですが、一般に花崗岩を御影石と総称しています。

国産石材

良質な国産石材は墓石に最適でやはり人気があります

庵治石 細目

庵治石 細目(あじいし こまめ)
産地:香川県高松市 香川県高松市の東部、五剣山で採掘されている。国産御影石の最高峰。石質は硬く、表面に庵治石独特の斑(ふ)模様が浮く(表面が二重の絣模様(かすりもよう)のように見える)のが特徴。石目の大きさによって中細目、中目がある。

庵治石 中細目

庵治石 中細目(あじいし ちゅうこまめ)
産地:香川県高松市 最高級石材、庵治石の中で、細目に比べ若干目合が大きく中目との中間にある石目。石質、研磨による艶に遜色はない。

庵治石 中目

庵治石 中目(あじいし ちゅうめ)
産地:香川県高松市 細目よりも白く見えるが、硬度は遜色ない。庵治石特有の上品な風合いも特徴的。

伊予大島石 特級

伊予大島石 特級(いよおおしまいし とっきゅう)
産地:愛媛県今治市 瀬戸内海の大島で採掘されている。庵治石と並び日本の石を代表する最高級品。希少価値が高いブランド墓石材。石は青味をおび、硬く、吸水率も低く研磨による艶の出も良い。変色しにくく、経年とともに青みを増すのが特徴。

天山石

天山石(てんざんいし)
産地:佐賀県唐津市 福岡県境に近い天山山系から採掘されている石。色が濃く、若干目は荒が国産の石材の中でもトップクラスの硬さと、極めて低い吸水率は国産トップクラスの耐久力を持つ石。九州、関西地方で人気があるブランド墓石材。

椿石

椿石(つばきいし)
産地:佐賀県唐津市 佐賀県唐津市から産出されている石。天山石と似ているが若干白みが強い。石質は硬く、吸水率も低く、艶もちもよい。

唐原石

唐原石(とうばるいし)
産地:福岡県豊津市 福岡県の大分県境付近から採掘される石。石目は細かく、吸水率も低い。艶の出もよい。白い地色の中に淡い桃色をおびた優しい印象。

真壁石 小目

真壁石 小目(まかべいし こめ)
産地:茨城県桜川市 茨城県の北部、加波山系から採掘されている。石質は硬いが、白玉の出やすいのが特徴。迎賓館(旧赤坂離宮)や皇居前広場の縁石など有名建造物にも多数使用されている。

滝根みかげ

滝根みかげ(たきねみかげ)
産地:福島県双葉郡川内村 昭和48年より採掘がはじまった石で四国の大島石と似ている。国産御影石の中でも耐久性に優れており、吸水率も低く艶もちもよい。

紀山石

紀山石(きざんいし)
産地:福島県いわき市 全体に青味を帯び、上品で落ち着きのある石目。吸水率が低く、経年変化が少ない。

本小松石

本小松石(ほんこまついし)
産地:神奈川県足柄下郡真鶴町 淡灰緑色の色調で関東では高級墓石材として人気があるブランド墓石材。

本山崎石

本山崎石(ほんやまさきいし)
産地:山梨県甲府市 関東地方で人気が高い高級墓石材。石質は硬く、グレー系の色合いを持つ。近年は採掘量減少傾向。

稲田石

稲田石(いなだいし)
産地:茨城県笠間市 日本を代表する中目の白みかげ石。大材も採れる。日本の歴史的建造物に大量に使用されている。石質は硬く研磨による艶もよい。

北木石 中目

北木石 中目(きたぎいし ちゅうめ)
産地:岡山県笠岡市 瀬戸内海にある北木島で採掘されている石。ねばりが あるり、石目が均一な中目で、研磨による光沢にも優れる。中目の他、細目で赤みを帯びた瀬戸赤、白味の強い瀬戸白と呼んでいる。吸水率は若干高い。

青木石 黒口

青木石 黒口(あおきいし くろくち)
産地:香川県丸亀市 石質は硬く、石にねばりがある。四国を代表する銘石のひとつ。同じ青木石でも3種類に分類され、白口、青口、黒口とある。 近年は採掘量減少傾向。

万成石

万成石(まんなりいし)
産地:岡山県岡山市 淡紅色の御影石として古くから人気のある石。石質は硬く、吸水率は低い。気品あふれ、高級感を生み出す石材としてブランド化されており、墓石以外にも新宿伊勢丹、明治神宮等、銀座和光ビル等、数多くの建築にも用いられている。

磐梯御影

磐梯みかげ(ばんだいみかげ)
産地 宮城県伊具郡丸森町 深い青みのある繊細な石質が特徴で実績、人気のある高級墓石材です。吸水性が低く経年変化が少ない。

青葉石

青葉石(あおばいし)
福島県相馬郡飯舘村 美しい青みを帯びた光沢があります。硬度が高く、吸水率が低いことから寒冷地で多く使われている。

中国産石材

中国の石材は材質や色も豊富です

AG98

AG98
産地:中国福建省 日本の大島石と石目、色が似ていることで人気も高い。吸水率は比較的高いが、キズ、色ムラ、スジなどがほとんどなく、大材も採れる。産出量は安定していて、使い易い石である。石塔、外柵材として使われることが多い。 各石材店でいろいろな名前がつけられて流通している。

G614

G614
産地:中国福建省 中国産の白系墓石材として古くから知られている。比較的、色ムラ、キズ、玉も少なく供給も安定している。大材のとれることでも知られている。価格が安いこともあり、安定した人気がある。石塔から外柵材として使われている。

G623

G623
産地:中国福建省 中国産の石材の中で最も有名な石である。稲田石に似た粗目で、薄茶色を帯びている。中国材としては古くから輸入され、使用量は最も多い石である。石質も安定しており、経年変化が少ない石として安心して使用できる。

G663

G663
産地:中国福建省 ピンク色の小目の石で、「中国ピンク」「中国桜御影」とも呼ばれている。最初は環境石材として採掘されていたが、洋型墓石が増加するとともに、墓石材として使われることが多くなっている。色むらがなく、石塔の他、外柵材としての利用も多い。

中国マホガニー

中国マホガニー
産地:中国山東省 落着いた赤色の石である。中国では桃木心とも呼ばれている。この石は採石する場所によって濃淡に幅があるため、石を組み合せて使う時などは色合せが難しい。洋型墓や外柵材として人気のある赤系の御影石。

G654/平和

G654/平和
産地:中国福建省 福建省産のグレー系の石としてよく知られている。同じG654系の石の中では最も目がはっきりしている。吸水率も低く、石質もよく、長泰654とともに人気の高い石である。栗花石とも呼ばれる。採石場の中には多くの丁場があり、産出量も安定している。和型墓石、洋型墓石、外柵材としても多く使われている。

山西黒

山西黒
産地:中国山西省 中国産の黒御影石を代表する高級石材である。インド産の黒御影石に比べると、硬度は低いが、黒石の中でも安価なことで、日本でも沢山使われている。石目は黒雲母が細目で、微量の乳白色の混入が見られるのが特徴である。採石場により石目や石質に差が生じることがある。石塔、外柵にも多く使われている。

黒龍石

黒龍石( K12・G1704)
産地:黒竜江省 硬質で吸水性が低く、耐久性が高く高級感のある濃い青色が特徴で、中国屈指の銘石として人気がある。 黒龍江省の石は、採石丁場ごとに、品番G1716系、G1704系、GL系、G1790系等があり、その中でも墓石材として使われているのが、G1716系、G1704系が多い。

G688

G688
産地:福建省産出 白と黒のバランスの良い中目の御影石。硬質で吸水性が低く、耐久性が高い石材。磨くと艶が美しくでる。

G603

G603
産地:福建省 日本に早くから輸入されている中国産中目の御影石。埋蔵量も多く墓石材、建築材、環境石材として多く使われている。

崇武603

崇武603
産地:中国福建省 G603と似ていることからこの名前が付いている。603に比べ、石目がはっきりしている。 近年は採掘量減少傾向。

インド産石材

硬度が高く、高級黒御影や独特な模様がある石が多いインド産

アーバングレー

アーバングレー
産地:インドカルナタカ州 グレー系の中目石。和型、洋型、外柵材として幅広く使われている。石質は硬く水を吸いにくく、経年変化も少ない。

ニューインペリアルレッド

ニューインペリアルレッド
産地:インドカルナタカ州 インペリアルレッド(スウェーデン産)に似た赤色のみかげ石で、色は濃くインドの赤系を代表する石。石質は硬く、吸水率も低く、耐久性に優れている

クンナム

クンナム 
産地:インドタミルナドゥ州 インド産の黒石としては最高級石材である。世界で最も硬い黒御影石といわれている。品質が安定していて変色しないことなどから、ファイングレイン(スウェーデン産)と肩を並べる人気がある。クンナムと呼ばれる石の採石場も複数あり、採石場によって若干の差がある。

マルチカラーレッド

マルチカラーレッド
赤産地:インド 地に独特の黒いマーブル模様の石目を持つインド産の御影石。どの部分にどんな模様がでるかが難しく、お墓の印象が大きく異なってくる。

マハマブルー

マハマブルー
産地:インド 紫系統の地色の中に、茶色と黒の大理石のような流線模様が特徴。御影石のなかでは他にない特徴的な石目を持った石材。

パラディソ

パラディソ
産地:インド 紫を基本とした色調で、グレーの渦巻きのような独特な流線模様が特徴。独特の模様は個性的な魅力があり洋墓やデザイン墓石で使われている。

オーロラ

オーロラ
産地:インドアンドラプラディッシュ州 オーロラのような波打つ綺麗な流線模様が特徴で石質も硬い。濃淡のはっきりした石。

アフリカ産石材

特徴的な目合の石が多く人気が高い

インパラブルー

インパラブルー
産地:南アフリカ 石目の中に、光の加減で青く輝くブルーの結晶がまばらに入っている。それがが宝石のように美しいと人気のある石。

ベルファースト

ベルファースト
産地:南アフリカ 日本で古くから建築分野等で使用され、根強い人気のある黒御影石。石質は硬くで吸水率も低く経年変化も少ない石。

ラステンバーグ

ラステンバーグ
産地:南アフリカ 黒系の石であるがインドの黒とは趣が異なっている。ラステンバーグには4種類あり、それぞれ色調の濃淡がある。石質は硬く、吸水率は低く経年変化も少ない石として知られる。

北欧産石材

独特な輝きを見せ、硬く良質な高級石材の産地

ブルーパール

ブルーパール
産地・ノルウェー ダークブルーに輝く結晶が光線の加減で変化し貝殻が混入しているような紋様が浮び上がる独特の石である。建築材としても使用される北欧を代表する銘石のひとつです。

ファイングレイン

ファイングレイン
産地・スウェーデン スウェーデン産の最高級黒御影石。現在採掘されている黒御影石の中では、最高級品質の石である。非常に堅く、密度が高いため、研磨加工には特別な砥石を必要とするほどである。研磨仕上げによる光沢は素晴らしく、高級品としての人気が高い。原石には出荷証明書も発行されるが、本当の高級品は原石の産出量が少ない。種類は大きくわけて「ファイングレイン」・「エボニーブラック」・「ボナコート」がある。

ランヘリン

ランヘリン
産地・フランス ブルー系の中目の石。上品で落ち着いた表情をもつ。石質は硬く、吸水率は低く経年変化も少ない

霊園のご案内

宗旨・宗派を問わずご利用いただけます霊園をご紹介。

ペットのお墓です
面影しのぶペットのお墓【ワンハート・ストーン】